読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第53回宣伝会議賞 チャレンジブログ(グランプリ受賞者輩出)

日本最大規模の公募広告賞「宣伝会議賞」に挑戦する応募者10人のブログ。同企画初となる、チャレンジブロガーからのグランプリ受賞者(今野さん)を輩出しました。

続 ・ コピーの書き方、私だけの裏ワザ教えます。

f:id:yahyahwarekosoha:20160126152047j:plain

 

応募締切日もジワリジワリと近づき、いよいよ最終コーナーを曲がった感のある宣伝会議賞ですが。
そんな日々のプレッシャーにも負けず、何か面白い企画はないかと知恵をしぼった結果、ひとつ浮かんできました。
すっかり追い込まれているこんな時期だからこそ、あえて明るく「 私だけの裏ワザ 」 の続編にチャレンジしてみよう、と。

  題して、
『 もしも、建築設計屋がフィットシェルフの課題に裏ワザ【 その1 】を使ったら 』


裏ワザ【 その1  】とは、先日のブログでも紹介させていただいた、コレのことです。

f:id:yahyahwarekosoha:20160126152109j:plain


これを今回の大建工業フィットシェルフの課題に当てはめてみますと、次のように言い直すことができます。

「  フィットシェルフとは、ズバリ、自分にとって何だ!  」

まずはこれを徹底的に考えるところからスタートです。
いつもの中央線にゆられながら、少しずつ、答えを用意していきました。

   僕にとってフィットシェルフとは、ズバリ‥‥

・壁面収納ではなく、さらに広い収納壁面です。
・収納棚というより、美しい飾り棚です。
・日用品を、展示品に見せてくれます。
・「 収納上手になれる30の方法 」なんて本はいらなくなります。
・付かず離れずの、絶妙な家族同士の距離感を保つ方法です。
・部屋の中で一番愛着のある場所が、壁になります。
・リモコンの取り合いが、壁面の取り合いに変わるほど好きです。
・家族の趣味を、家に遊びに来たお客さんと共有しながら楽しめます。
・モノを片付ける作業を、たのしい作業に変えてくれます。
・洋服ダンスの中は見せられないけど、フィットシェルフの中は見せたくなります。
・さわやかな風の通り道です。
・季節の移り変わりを教えてくれる、光の通り道です。
・現代風にデザインされた、違い棚です。
・家族の思い出の立体式アルバムです。
ドラえもんなら「 どこでも棚 」と言って出してくれそうな秘密道具です。
・大切な趣味の品を飾るショーケースです。
・自分自身をプレゼンテーションしてくれるディスプレイです。
・厚さ44センチの展示空間です。
・自分専用の図書館です。
・いろいろな形のトロフィーを並べて、さりげなく自慢できます。
・ウィンドウショッピングな気分になれます。
・部屋の雰囲気を一流ブランドショップのように変えてくれます。
・大きな丸い窓のある壁面でも、効率よく収納にできます。
・部屋の模様替えは、棚替え、の意味になります。
・ちいさな息子たちの隠れ家です。
・子どものカラダといっしょに成長してくれる棚です。
・娘のお人形の家です。
・片づけ上手な子に育ててくれる教育係りです。
・赤ちゃんにお片付けを教えてくれる知育教材です。
・立体的な観葉植物園です。
・美しい熱帯魚の水族館です。
・子ネコの通り道です。
・かわいいネコたちのマンションです。
・ネコの部屋とイヌの部屋の国境です。
・ネコのアスレチック場です。
・うちのネコを、かわいい置き物のように見せてくれます。
・おちついた雰囲気をつくってくれる、間接照明器具です。
・窓のむこうに見える虹を、インテリアの一部に変えてくれます。


裏ワザ【 その1 】を試してみた結果、これらのイメージが集まりました。
ここからさらに、一つ一つの視点について具体的に書き進めていけば、いつかは、求められるコピーにたどり着けるのではないかと思っています。

本当はここで、完成したコピーまで公開できれば新発見もあるのかもしれませんが、なにしろこのチャレンジブログ、実際に応募する作品は載せられないという繊細な事情もありますので、今の僕の立場で書けるのはギリギリ、ココまでが限度です。

 

はたしてこんな中に、100万円の原石など眠っていたりするものでしょうか。