読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第53回宣伝会議賞 チャレンジブログ(グランプリ受賞者輩出)

日本最大規模の公募広告賞「宣伝会議賞」に挑戦する応募者10人のブログ。同企画初となる、チャレンジブロガーからのグランプリ受賞者(今野さん)を輩出しました。

それは、最高の褒め言葉です。

こんばんわ、堀田陽祐です。
 
何を書けばいいか迷っていたチャレンジブログも、
また、締め切り以来の山場が近づいてまいりましたね。
 
そうです、間も無く一次審査の発表です。
無駄にソワソワしております。
※ここで撃沈すると、本当にブログの更新が危ぶまれます。
 
もし、2/1以降更新が途絶えたら・・・
そっとしておいてください・・・。
 
 
今回の宣伝会議賞、現時点で振り返ってみると、
いろいろなことがありました。
 
特に印象的だったのは、
2250本を提出したことを伝えたら
数名の方に「狂ってる」的なことを言われたこと。
 
それは、最高の褒め言葉です。
 
もう、たしかに書き狂ってました。
業務時間後は、喫茶店にこもったり、
休日は、部屋にこもったり、
平日も、代休取ってこもったり、
※こもりすぎですね・・・
 
特にやばかったのは、
ジャルジャルさんのCM案を50案という課題。
最終週のほとんどは、その構成に時間を取られていました。
※戦略的には、他のコピーに時間をかけたほうが有効そうですよね・・・
 
そんな2ヶ月を過ごして思ったことは、
これはもう、好きなんだなーということ。
 
まだまだ、業務として耐えうる技量とは思いませんが、
もっともっと、書いて書き直して感覚を磨いていこうと思います。
 
<><><><><><><><><><><><>
ちなみに、このブログ記事は、
宣伝会議さんからいただいた下記の11月〜1月の
選択テーマをベースに構成しています。
 
<11月〜1月の選択テーマ>
■締め切り直前(11月3日~4日午前)、こんなふうに過ごしました。
■今回の宣伝会議賞コピー制作で上手くいった点、そうでない点。
■今回の宣伝会議賞 挑戦を通じて得た気づき。
■(宣伝会議賞 応募の日々が終わり)いまこんな風に過ごしています。
■私にとって宣伝会議賞とは。
■今回の宣伝会議賞に取り組んで、よかったこと。
 
本日は、赤字の部分にフォーカスしております。
<><><><><><><><><><><><>