読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第53回宣伝会議賞 チャレンジブログ(グランプリ受賞者輩出)

日本最大規模の公募広告賞「宣伝会議賞」に挑戦する応募者10人のブログ。同企画初となる、チャレンジブロガーからのグランプリ受賞者(今野さん)を輩出しました。

2月29日生まれのお祝いタイミングって難しい。

こんにちは。閏年ですね。

美味しいものが1日多く食べられる年。

大好きな人と1日多く会える年。

映画の悲しい結末に1日多く涙を流せる年。

みなさんにとって、なにかいいことが1日分多く訪れますように。

 

 

そんな私は実はいまカナダにいます。

ですので2月28日を生きています。

あー、世界って広いんですねえ。

 

さてさてさて、今回のお題はこちら。

 

「一次審査の結果を見て思うこと。」

 

正直な話をしていきたいと思います!

 

単刀直入に言って、

 

完敗 です!

 

書いた数、通過した数もさることながら、

何より自分自身に完敗です。

 

宣伝会議賞の締め切り2ヶ月前。

諦めました。

コピーライターになることにも、

広告業界に就くことにも。

 

どうしてそんな気分になってしまったのかは、わかりません。

 

きっと、たぶん、

色んなことから逃げ出したくなったんだと。

書くのもやめました。

街中の広告に目を向けることもやめました。

 

なんとなく嫌気が差したんだと思います。

誰が見るかもわからない、

もしかしたら誰にも見られることなく

消えて行くだろうこの広告の世界に。

 

やめちゃおう、考えるのもう嫌だ。

 

 

でもそんな中、ペンを握らなくなった私に

この企画担当者様から一斉送信でメールが届きました。

そのメールを開く前に、ふと、思い出しました。

 

「そうだ、私はチャレンジブロガーに選ばれたんだ。

コピーライターになりたいから、少しでも近づくために、

少しでもこの熱意を伝えるために、この企画に応募したんだ。

 

逃げてどうする。

闘うべき相手は全国のコピーライターでも

審査員席にどっかりと座る大御所コピーライターでも

何が正解なのか分からせてくれない企業課題でもない!

 

そうか、敵は、自分だ!」

 

そしてメールを開いてさらに心を打たれました。

この企画に携わってる方は皆さん目にしたと思います。

あの、優しくも厳しい、励ましメッセージです。

 

時間がないなんて言い訳してたまるか!

 

そんなわけで再び課題と向かい合ったのでした。

ギリギリまで粘った甲斐があったのか、一作品、

一次審査通過することができました!

 

嬉しさ半分。悔しさ半分です。

そして反省しました。一度逃げた自分を恥じました。

だけど、帰ってきた自分を褒めたいです。

 

来年は一度も立ち止まることなく

課題と自分に立ち向かいたいと思います!!!

 

 

キャッチコピーが1日多く書ける幸運な年です。

閏年。潤おえ、私の一年。