読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第53回宣伝会議賞 チャレンジブログ(グランプリ受賞者輩出)

日本最大規模の公募広告賞「宣伝会議賞」に挑戦する応募者10人のブログ。同企画初となる、チャレンジブロガーからのグランプリ受賞者(今野さん)を輩出しました。

とりあえず参加する。きっと何か変わる。

こんばんわ、堀田陽祐です。

いよいよ年末ですね、いかがお過ごしでしょうか。
 
テレビでは、どんどん一年を振り返ってくれますが、
初めて知る情報もあったりして、
自分が偏った情報源に接している可能性を示唆してくれますね
レコ大「こぶしファクトリー」初見でした・・・。)
 
さて、今年の私を振り返ってみますと、
 
とりあえず参加する。きっと何か変わる。
 
そういう気持ちでトライすることで、
やるかやらないかで悩む時間って、
どうやるかで悩む時間やせることに
今更ながら気づきました。
※昨年読んだアルケミストという物語に影響されています。
 
そのトライの成果(?)として、
実は、夏に富士山基金の募金箱にキャッチコピーを採用いただいておりました。
 
そのコピーは、
 
参加できる世界遺産
 
というものです。
※「いつまでも富士山を世界遺産に」のスローガンで活動されている
 NPO法人 富士山世界遺産国民会議様の富嶽三十六プロジェクトの一環で、
 36本のコピーのうちのひとつに選んでいただくことができました。
 ■コピーの一覧
 ■富士山会議の夏 2015(募金箱の画像が載っています。)
 
 
これは、
世界遺産というと、なんだか他人事になってしまいがちな気がしていたので、
もっと誰もが身近に感じるようにできないか・・・と思い、うまれた言葉です。
※ほんとはもうちょっといろいろ考えてましたが、ここではあっさりめで失礼します。
 
募金したあと「参加してきたぜ」と
SNSに投稿する人が増えるといいなと思っています。
 
 
なぜ、急にこのような話題を!?と思いますよね。
それはもちろん、
少しでも、皆さんの初夢に貢献したいからです。
 
年末に、ちょっと富士山に詳しくなれば、
きっと初夢の確率は上がるはず。
 
みんなで富士山の夢を見て、
来年はいろんなもの(富士山基金を含め)に参加する年へ。
 
「参加できる世界遺産。」が、皆さんの初夢に参加しますように。
そういう想いを込めて、今年最後のチャレンジブログとさせていただきます。
 
それでは、よいお年を。